ネイティブモバイル統合

国際ブランドVISAによりますと、3Dセキュア2.0は決済時間を約85%短縮し、かご落ちを70%削減するとの見込みです。

3Dセキュア2.0の開発はモバイル端末の普及が大きなきっかけでした。モバイル端末は早くも一番人気の決済手段になっていきます。

ですが、それもクレジットカード不正利用の大きいなターゲットになりつつあります。

モバイルデバイスによる取引量は早く2019年に1兆USドルに届く見込みです。電子財布も2020年までクレジットカードやデビットカードより広く使われると予想されています。

ですが、セキュリティに不信感を持つ人は少なくありません。新プロトコルのプレスリリースにて、VISAのシニアバイスプレジデントMike Lemberger氏はこう述べました:

「決済認証技術はかつての磁気ストライプカードや、カード会員のサインなどから大分進んできました。決済方法が変わることに連れて、取引の安全性を保つため、イノベーションもそれに追いつかなければなりません。ヨーロッパのほどんどの国民はモバイル端末で決済をしたことがあるとはいえ、なりすまし被害やセキュリティハックなどの心配はまだ存在しており、モバイル決済の普及率を妨げています。」

モバイル決済をする時セキュリティが一番心配することと、70%のアメリカ人ユーザーは示しました。そして50%のサイバーセキュリティ専門家も同じことに懸念を抱いています。

ですから、EMVCoのデベロッパーがモバイルデバイスの対応を最優先にして新プロトコルを開発しようとするのは不可避なことでした。

初期プロトコルはモバイル決済に対応していませんでした

3Dセキュアはeコマースの成長を促す大きな要因の一つでした。ネット通販が普及してから、3Dセキュアはお買い物決済時のセキュリティを強化し、ユーザーになりすまし被害されないという信頼性を与えました。

これもライアビリティーを加盟店からイシュアに移す「ライアビリティー・シフト」を提供できる唯一のプロトコルです。取引毎のコストも大幅に削減できます。

初期プロトコルがリリースした当時ではまだモバイル決済が普及していなかったため、サポートしていませんでした。

国際ブランドVISAは2001年に、"Verified by VISA"に通して3Dセキュアをリリースしました。ですが、初代のiPhoneが発表されたのは2007年のことです。3Dセキュア2はその6年も前に開発されたのです。

一部のユーザーは3Dセキュアの認証ページを見れなかったり、モバイル端末でロードスピードが遅かったりすることもありました。

決済業界はこのような相互運用性の問題を認識していて、それを改善しようと特化したウェブページを作ったり、リスクベース認証を実行したりしましたが、プログラムコードを変えていないため、根本的な問題を解決していませんでした。

モバイル端末の時代がやってきたが、3Dセキュアはまだそれに追いついていない

モバイル端末でインターネットを閲覧できるようになってから、世のほとんどの業界を一変させました。

多くの開発者は早くも自社の製品やサービスをモバイル端末に対応できるように作りました。

今Appleのアプロストアでは210万のアプリが存在し、GoogleのPlay Storeに340万のAndroidアプリがあります。

例えば写真撮影を見てみますと、いい写真を撮れるカメラは昔プロのカメラマンでしか使わないものだったのですが、今になってはモバイル端末によって毎年およそ一兆枚の写真が撮られています。

モバイル端末が毎日必ず使うものとなったことで、モバイル端末による買い物と決済も増えてきました。アプリ内の買い物や電子財布の普及により、3Dセキュア2.0は決済業界に大きい変化を起こします。

初期のプロトコルはネット上の買い物する際にブラウザだけに認証を行うように設計されていました。

初期の3Dセキュア1がリリースされてから16年が経ち、まだモバイル端末に対応性が高いイシュア認証がありませんでした。

3Dセキュア2.0はこれを改善し、ユーザー体験も大幅に向上します。

前からイシュア公認の認証方法は存在していましたが、初期プロトコルに基づき、精確率の上げたリスクベース認証の実施や、静的パスワードの撤廃などにより、3Dセキュア2.0は加盟店とイシュアの決済セキュリティを強化し、なりすまし被害の防止に繋がります。

特にモバイル端末による決済はこの利点が見えてきます。

フリクションレス・フロー

モバイル端末に優しい3Dセキュア2.0の大きいな一環となっています。

加盟店はこれで3Dセキュア2.0を簡単に自社の既存のアプリに統合できます。

3DS2の重要な利点の一つは、加盟店に提供する豊富なデータセットです。提供するデータにを以って、取引に関する分析を行うことで

SDKによって、より豊富なデータは加盟店とイシュアの間に交換されます。

送られた情報は相当限られていて、イシュアはカード会員や取引について知ることが少なかったです。そして、取引に関する情報は全てブラウザを通して送られていて、加盟店のプラットフォームに介さなかったので、加盟店が収集できる情報はなお少なかったです。

3DS2の大きなポイントの一つは、加盟店とイシュアのお互いの情報共有にあります。

情報共有はなぜ重要かというと、その情報はリスクベース認証の精確率を上げるからです。これを通して、フリクションレス・フローで追加チャレンジは必要ないと判断した場合、認証は瞬時に完了し、決済がスムーズになります。リスクベース認証だけでほとんどの認証はフリクションレス・フローだけで決済完了です。チャレンジ・フローに入る認証は全取引数のわずか10%ほどと見込まれています。

SDKはネイティブ認証画面を提供し、3Dセキュアインターフェースを加盟店アプリのUIと統合し、一貫性のあるユーザー体験を提供できます。

初期のプロトコルが実行される時、ユーザーを認証する際よく購入時の画面から別のウェブページ移行されていました。ですが、これはユーザーに不信感を抱かせ、購入を辞めて、かご落ちに繋がっていました。

携帯アプリにネイティブ統合することで、認証時のUIは統一され、ユーザー体験は向上します。その他、商品購入のプロセスもスムーズになります。ユーザーがチャレンジされる時に生体認証を要求されても、UIに違和感を感じることなく認証を行えます。こうしてユーザーに信頼感を与えることで、かご落ちの削減にも効果的です。

結論

3Dセキュア2.0の導入によるメリットは多々あります。特にモバイル決済に対してはさらに。改善されたプロトコルはモバイル端末でのユーザー体験を大幅に向上し、アプリ内決済や電子財布アプリなどにも対応するようになります。

購入時によりシームレスな体験をユーザーに提供し、加盟店とお客様の決済セキュリティも保障されます。